教えて!初めての車検in松山

今の時代に安全な車検を受ける方法

HOME > 松山の車検のお得情報 > 今の時代に安全な車検を受ける方法

今の時代に安全な車検を受ける方法

自動車を公道で利用するためには、「車検」を受けることが義務となります。
新車購入時は、3年後に1度。
それ以降は、2年に1度のサイクルで車検を受けることになりますが、普通車の場合10万円以上の出費になるのが一般的です。
内訳としては、法定費用(自動車重量税、自賠責保険、検査手数料)や車検基本費用(点検費用、事務手数料)、あと自動車のコンディションによる各パーツの交換費用があげられます。
車検の総費用というのは「法定費用以外の費用」によって左右されます。
以下に、車検を請け負う業者の特徴とおおまかな費用の考え方をご紹介します。
最初に紹介するのは、ディーラーで行う車検です。
特徴は、ディーラーの基準に従い純正部品の交換・メーカーの機材を使った点検を行うため、安心感という点で満足できます。
反面、まだ使える部品を交換する場合もあるので費用が高めとなる可能性があります。


つぎに、民間整備工場での車検です。
普段から顔見知りになっていれば融通を利かしてくれる場合もあるため、ディーラー車検に比べ費用を抑えることができる場合もあります。
もしかしたら支払を遅らせてくれる場合もあるかもしれません。
あと最近よく見かける、車検専門フランチャイズ店やカー用品店の車検です。
これらの車検は、低めの価格が設定されていて、なおかつ最初から費用が明確になっているため、予想外の出費がかかる心配がありません。
また、カー用品店だとタイヤやオイルなどをリーズナブルに購入できるため、全体的に費用を抑えることできます。
最後に、ユーザー車検という方法もあります。
これは、点検、整備や書類の作成を業者に任せず、自分で陸運支局に行き手続きをすべて自分で行う方法で、時間や手間もかかり、素人にとってとてもハードルの高い作業となりますが、

業者に支払う部分をカットできるため、普通車だと5万円以内に抑えることができます。
以上、費用面についてのべましたが、車検を受けるうえで大事なのは「単純に金額だけで業者を選ばない」ことです。
安くしてくれるからといって、壊れたパーツや信頼性の無いパーツを平気で使う業者も世の中にはたくさんいます。
壊れたパーツを使ったばっかりに、その自動車で事故を起こし加害者や被害者になっても、業者は保障してくれません。
そもそも、「公道を安全に走るため」の車検というものに対し、いい加減な気持ちで臨む業者を選ぶのだけは避けましょう。
今の時代、インターネットで車検を行う業者の評判や価格を調べることが出来ます。
様々な角度から、松山の業者を比較し、自分が信頼できる業者を選び、さらに費用面も抑えることできれば、それがベストなはないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー