収益不動産を大阪に持つ

収益不動産を探す

収益不動産のオーナーになること

収益不動産で節税が出来るとしたら、お金にシビアな人としては気になる話です。投資物件からの収入は、給料やボーナスとは別に申告することになるのですが、この際に経営上の費強経費として減価償却費の計上が出来るのです。この経費は、実際の現金収益と計算上の収益は、この減価償却費文の差額が生じることになります。またもしも投資物件による所得が赤字になった場合には、給与所得と相殺できますので、最終的に支払う所得税や住民税が減少します。サラリーマンに収益不動産経営に乗り出す人がいるのも納得ですね。

マンション投資で気を付けるべきこと

マンション投資が注目されてきています。これが人気になってきている理由は、資金効率の良さにあります。運用対象の物件を購入する際に、その物件を担保にして金融機関から借り入れを受けることができるため、かなり好条件での借り入れが実現できます。ようするに他人の資金を用いてマンションを購入し、そこから得られる収益は自分のものとすることができるため、これほど資金効率が良い投資はなかなかありません。しかし、入居者を安定して確保できないと収益が安定しないため、立地環境のいい物件を選択する必要があります。