マンション売却の流れ

マンション売却の疑問

マンション売却に際して

マンション売却を行うことになったら、査定を依頼して見積もりを取り、条件や販売戦略を確認の上不動産会社と契約を交わします。査定したら必ず契約を行わなければいけないのかと心配になりますが、強制ではありません。複数社で見積りをとり適正価格を見極めましょう。また契約の前に売買に関する金銭の授受の時期、割合も確認しておきましょう。またマンション売却を委託する際に発生する手数料、税金も販売価格に含まれますので自分の手元に実際に入る金額も説明してもらいましょう。

マンション管理組合の資産管理

分譲マンションでは、管理組が所有者から毎月管理費と修繕積立金を集金します。管理費は日常の管理のために、修繕積立金は将来の修繕工事のための積立ですが、マンションの世帯全部のものなので、金額も大きくなります。とくに修繕積立金は将来のための積み立てなので、徐々にたまってまとまった額になっていきます。銀行の定期預金なら元本保証できますが、金融機関が破たんしたら1000万円を超える預金は保証されません。個人の財産ではなく、みんなの財産なので、管理組合でルールを決めて運用しましょう。