不動産売却にかかる税金

不動産売却と税金

不動産の税金申告方法

不動産売却をしたら確定申告を行い税金を納めなくてはいけません。家などを売った場合は他の所得などとは、別の扱いになって譲渡所得という税区分になっています。譲渡所得は給与所得とは違う方法で税額が計算されています。サラリーマンの給料などは毎月給料からいやおうなしに引かれているので、申告の必要性がないのとでは大きな違いあります。家などを遺産相続したのと、家を購入後に処分するのとでは、ぜんぜん違ってきます。譲渡所得の計算式でどれくらいの収入金額になるかという事が重要です。その掲計算式は収入金額-(譲渡費用+取得費)で表すことができます。収入金額がマイナスになることもあります。2000万円で買った不動産が500万円になることもあります。

不動産を売却した場合、所得税と消費税は課税される場合があります。マンションを譲渡した場合には、居住用のマンションであれば譲渡益があっても、ある一定金額までは特別控除されますが、特別控除を超える部分については所得税はかかります。また、居住用でない事業用のマンション譲渡の場合には、特別控除なないので譲渡益があれば課税になります。消費税については、居住用物件の譲渡の場合には、原則課税されませんが、事業不動産のマンションの譲渡であれば、課税取引となり、課税されることになります。居住用財産の譲渡の場合には、所得税と消費税のともに軽減されるようになっています。